伊達政宗の書 鑑定有り 真作 売上実績NO.1


伊達政宗の書になります。元は屏風に貼られていたのを、洗いをかけ、表装しなおした額装になります。新潟の蔵より出てきた書になります。昭和期に、高田竹山氏が鑑定なされております。高田竹山文久元年(1861年)現在の東京都新宿区牛込に生まれる。はじめ書家を志し、明治2年(1869年)8歳にして、高斎単山の門に入って書を学び、村田直景・島崎酔山・植村蘆洲に漢学などの指導を受け、17歳にして両国薬研堀に書塾を開く。明治17年(1884年)、勝海舟のすすめにより内閣印刷局(朝陽閣)に奉職し、明治、大正、昭和にわたり紙幣金銀貨公債等の文字を担当する。内閣印刷局漢字主任となり、内閣印刷局の蔵書を整理し、説文学の研究に励んだ。説文六書の学を研究し、三代より秦・漢に至る古文字の読法及び書写法を独修、後に説文学[2]の大家となった。明治34年(1901年)、『朝陽閣字鑑』を著わした。これは大正10年(1921年)、補正され『補正朝陽閣字鑑』36巻が刊行された。また『漢字詳解』6巻を著わし、『古籀篇』(首巻1巻、本文100巻、補遺2巻、転注仮借説1巻、篆文索引6巻、隷文索引2巻、学古発凡6巻、すべて117巻。明治18年(1885年)起稿、大正7年(1918年)完成、大正11年(1922年)刊行)を著わすにおよんで、大正8年(1919年)、帝国学士院賞を受賞。三井財閥・三菱財閥が出資者、政府が発行者となり、皇室へ献上された。国内外の大学や公立図書館、海外は中国(当時支那)をはじめ欧米各国の大学図書館へ寄贈され、大絶賛を博した。十体の書体を自在に書き分けたという書家としてだけでなく、漢文、漢詩、南画等を研修し、高い評価を得ていたが、漢字の研究に最も尽力し、「学界の巨人」と呼ばれ、中国の研究者達を驚嘆させ、後世にも大きな影響を与えた。泰東書道院学術顧問、大東文化大学名誉教授。 昭和天皇より「高田忠周(竹山)は国宝、我が国唯一の説文学者」と称された。説文学における東洋の泰斗である。昭和21年(1946年)10月、東京都世田谷区成城の自邸において歿す。⭐️即購入大歓迎⭐️他の商品も出品しておりますので、合わせご覧くださいませ。伊達政宗仙台伊達家古書アンティークホビーコレクション書道
カテゴリー:その他>>>アンティーク/コレクション>>>その他
商品の状態:やや傷や汚れあり
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:秋田県
発送までの日数:1~2日で発送
純銀 玉屋 古美術,

わたしたちスタッフは、ご利用者やご家族の皆さまはもちろんのこと、支援ボランティアの皆さまや地域住民の皆さま方からも信頼され、また愛される存在でありたいと考えております。
MM6 スウェット プルオーバー パーカー,
わたしたちは、介護・福祉のプロとして、その責任と役割をつねに自覚しながら、皆さまに誠意の限りを尽くしてまいります。

オーラリー スウェットビッグパーカー 新品未使用,